コンテンツへスキップ

介護ってたいへんなんですよね

某Fラン大学の文系学部に所属しているカズミと申します。初めての方、こんにちは(^^)/ 私の大学はレベルが低いので就活が大変ってききます。でも最近は安倍さんの経済政策の恩恵を受けて就職がすごくしやすくなったみたい♪アベさん様様♪私も実力はないのでエントリーシートを送りまくっていますが、結構いい感触なんでビックリしています。それで今狙っている職業が介護職なんです。

私の場合、祖父母はもう亡くなっているし、父母はまだ元気なので、介護の経験って、まだありません。でも、友人の中には、今まさに家族の介護に追われている人も少なくなくて、その話を聞けば聞くほどため息が出てしまいます。

毎朝、デイサービスの車までお祖母さんを運び、夕方また送りの車から部屋まで運び、しているTさん。お祖父さんとお母さんの通院やら入退院やらのお世話に明け暮れているMさん。そうかと思えば、娘さんが大病をしてしまって手術入院中のSさん。こうなると、自分の生活なんて犠牲にしなくちゃやっていけません。でも、仕事だってあるし、やめたら食べてけないし、それまで積み重ねたキャリアだって捨てるのは惜しい。

みんな悩んでます。何より自由になれる時間のなさ。拘束されて過ごす日々の息苦しさ。わかります。いざ自分がそうなったらと想像するだけでも苦しくなります。

家族なんだから、面倒を見るのは当たり前。それは正論かもしれません。

でも、そうやって追い詰められて介護に疲れ果てて…なんて話も耳にします。

それでは元も子もないではないかと思うのですけどねえ。

子育ての密室化の危険が叫ばれて久しいですが、子育てと介護、どちらも同じような問題を含んでいるように思うのです。