コンテンツへスキップ

夏の暑い時期になると毎年、半ズボンを履きますが、露出した部分が非常に毛深いので女の子が一緒にいるときにはしょんぼりしてしまいます。

本当ならば明るく挨拶をして、楽しい時間を過ごすことができるのですが、毛深さのために落ち込んで、あまり話すことができません。
また毛深さというのは、全身の問題なので、腕や足のように露出をする部分だけではなく、胸毛や背中の毛、下腹部の毛など様々なものが問題になります。

小さな頃から毛深いので、なんとかしようと試みているのですが、剃ってもまた生えてくることを繰り返すだけでなんの解決策にもなりません。

一度、足の毛を全て剃ったことがありましたが、毛穴の黒い部分が目立ってしまって、遠くから見ると青く見えてしまいました。
男性の毛深さというのは、どんなことをしても対処できないものなのだということを痛感してしまいます。

毛深くて一番困るのがプールの時間です、水の中に入ると毛が一定方向にそろってしまうので、模様だらけの体になってしまいます。
とくに小学生の頃などは、違和感を抱いた友達から、からかわれたり、気持ち悪がられることが多かったので、プールの時間がトラウマになりました。

顔は思春期の頃から毛深くなってきて、高校時代にピークを迎えました。

毎日、カミソリで剃ってから学校に行くのですが、その時点で、すでに青くなってしまっていて、鏡を見ると顔の輪郭部分がすべて青く見えてしまいます。

朝、念入りに剃っているにもかかわらず午後にはすっかり毛深くなっていて、剃りたくてたまらなくなって、授業に集中できないこともありました。

電気カミソリで一日何度も剃ってみようと思ったこともありましたが、顔の輪郭が青くなるだけなので、どうでもよくなり、結局、一日一回だけ剃ることに決めました。今では髭脱毛をしたので青ヒゲの悩みはなくなりました。※町田市内で髭脱毛に困ったことや疑問があれば⇒町田ひげ脱毛

毛深い悩みというのは男性にとってもつらい青春を送る原因になりうるので、両親に相談したりして、早めに対処することが必要なのかもしれません。